お墓

Contents

故人の住宅の行末

身内に不幸があった場合には葬儀を行った後に息つく暇もなく相続の協議や遺品整理を行う必要があります。故人が生前に住んでいた住宅をどうするかにより、遺品整理は大きく変わります。

石材店では墓石を作るだけでなくお墓の引越しについても相談にのってくれます。納骨する場所での墓石についても同時に検討できるので便利です。

詳細を読む

遺品整理業者の背景

近年問題となっている高齢化に伴い、一人暮らしの老人の孤独死などがニュースで取り上げられたりなどされています。身寄りがない高齢者が亡くなった場合、遺族に変わり遺品整理業者が遺品の整理を行います。

詳細を読む

信頼できる業者選択

遺品整理を請け負う業者には様々な業者があります。遺品整理を專門として行う業者だけでなく、引っ越し業者や不要品回収業者が取り扱っている場合もあります。取り扱い業者が増えたことで料金にも差がでています。

詳細を読む

頼れる存在

遺品整理は簡単そうで大変なことが多いのです。どの遺品を残してどの遺品を処分するのかの判断が難しいためです。思い入れが深いものがあったりなど、遺族によって意見が分かれることもあります。

詳細を読む

墓石の選び方

気になる墓石の価格を調べるならコチラがオススメです。どこよりも安く高品質を提供することが可能な特徴があります。

生きているうちに亡くなったことを考えてお墓を買う人も多くいます。お墓は亡くなった故人の遺骨を納骨するための重要なものです。地域や土地によってその形は様々ですが、お墓があることで遺族はいつでも故人に会いに行くことができます。お墓を買う場合、霊園や個人的に行っている寺などといった場所を決めなくてはいけません。住んでいる場所から通いやすい場所にするのか、どのようなお墓にするのか、予算や宗旨、宗派によってもお墓は変わってきます。また、納期のことを相談したりなど、やるべきことや話し合うべきことはたくさんあります。墓地環境がどのようなものかを知りたいという人は多いです。日当たりや風通しはもちろん、景色が良い場所を望む人も多いです。また、駐車場や休憩所、トイレといった設備や施設が整っているかを重要視する人も少なくありません。近年では、高齢者や子供のことを考え安全面に配慮されたバリアフリーの施設を完備した場所も人気が高まっています。奈良や京都などといった寺が多い地域は、懇意にしているお寺にお墓を買う人も少なくありません。

霊園などで気に入った区画を購入した後、墓石やお墓のデザインを決めていくのですが、同じように見えても墓石には色々と種類があります。石にはそれぞれ個性があり、好みがあります。石によって価格も変わってきます。しかし。価格が高いものが品質に関係しているわけではありませんので、勘違いしないよう注意が必要です。墓石に使われている石の種類は国内外合わせて300種類近くあります。墓石に選ぶ石を探す場合、実際に石のサンプルを手にとって直感で選ぶ人も多いです。石も長い年数が経てばどんどん劣化してしまいます。すでに経てられている墓の石を参考にするとわかりやすいです。墓石に使用する石は、硬くて水を吸いにくく、長持ちすることを重要視して選ぶと良いとされています。産地によって石に含まれる成分や材質は変化するため、その地域の風土も考慮して選択する必要があります。