故人の住宅の行末

故人の住宅をどうするかによって遺品整理の仕方が変わる

身内に不幸があった場合には葬儀を行った後にほっとする間もなく相続の協議や遺品整理を行わなければなりません。個人の住宅をどうするかによって遺品整理は大きく変わります。もし引き続き個人の関係者が継続して住むのであれば慌てて遺品整理をする必要はありません。当面は関係者の間で形見分け程度のことを行っておけば後は住みながら整理をしていけば良いことになります。しかしながら何らかの事情で個人が住んでいた住まいを処分しなければならない時には早急に遺品整理を行わなわなければなりません。専門業者を呼んで見積もりを採ったうえで処分を依頼するのが一番簡単なことですが、貴重品があるい場合には個別に対応することで費用においては大きな差が出ます。

専門業者に一括処分を依頼すると貴重品も二束三文となる。

遺品整理で重要なことは個人の住まいにある価値のあるものをどういう形で処分するかということです。それぞれの専門業者から見積もりを採ったうえで引き取ってもらうことが一番メリットが大きいのですが、時間がかかることは間違えありません。骨董品や刀剣類、本などはそれぞれの専門業者に引き取ってもらえばそれ相応の価格で引き取ってもらうことが出来ます。しかしながら残った価値のないものだけを引き取ってもらおうとすると処分費用のみが掛かることになります。一方、すべてを一括で専門業者に引き取ってもらう場合には値打ちのあるものについてはあまり高い金額は出ませんが、処分するものも含めての費用計算となるので手間も時間もかからないというメリットがあります。